SEVENTEENジョンハンのVライブ悪口事件から考える – 韓国芸能界の厳しさや我を忘れず発言・行動する大切さ

ニュース

今回は、韓国の人気アイドルグループSEVENTEENに所属するソウル市出身で24歳のジョンハンYoon Jeonghan)がVライブ*中に悪口を言ってしまったことを謝罪するという芸能ニュースについてです。

*Vライブ(V LIVE)とは、韓国の大手ポータルサイトNAVERが運営している動画配信サービス。韓国アイドルの最新情報を求める熱心な韓流ファンから圧倒的な支持を得ています。K-POPアイドルや俳優の所属事務所、テレビ局、映画制作会社などがVライブに公式チャンネルを開設し、ライブ動画を配信しています。

SEVENTEENとは

SEVENTEEN(セブンティーン; 세븐틴)は、韓国の13人男性アイドルグループで略称は「セブチ」。2015年5月に韓国でデビューし、その3年後、2018年5月に日本でもデビューを果たしました。「Caratカラット)」 という公式ファンクラブがあります。

生活の役に立つ情報や経験を発信している「メメブログ」でも記事が公開されていました。記事の一部を引用として使用させて頂きます。

ジョンハンは5月5日、Vライブでメンバーのドギョムとオンラインゲームを楽しむ姿をライブで公開しました。ジョンハンはドギョムのゲームを見ているだけでしたが、失敗したのか思わず悪口を言ってしまったんだそうです。驚いたジョンハンはすぐに「すみません。本当に申し訳ありません。」と謝罪し頭を下げたそうです。現在、この回の動画は削除されています。[…]どうやらジョンハンが言った悪口というのは、韓国語で男性の性器を表す言葉のようです、、、。意味としては、日本でいう「ちくしょう!」「くそっ!」や英語で言う「SHIT!」というような感じと同じだそうです。ゲームに夢中になっているときは誰しもしてしまうような発言ですよね。正直、悪口ではなくて口が少し悪かっただけという感じですよね。

メメブログ , 芸能, “ジョンハンVライブ中の悪口は何て言ったの?意味は?【動画あり】“, 2020年5月8日

ちなみに、ジョンハンがVライブ中にドギョムDK)とプレイしていたゲームはネクソンが運営する「メイプルストーリーMapleStory메이플스토리)」というオンラインゲームみたいですよ。筆者はこのゲームをプレイしたことがありませんが、オンラインでの協力マルチプレイが魅力で非常に人気があるようです。

ジョンハンはつい放送禁止用語を言ってしまった

そう、ジョンハンはゲームに夢中になるあまり我を忘れてつい放送禁止用語を言ってしまっただけなのに「悪口」として報道されてしまったようです。いわゆるメディア過剰報道ですね。

報道を見ていて思いましたが、この場合「悪口」という表現は適切ではないと思います。「悪口」と聞くと「誰か他人について悪く言った」「他人を傷つけるような発言をした」と理解されますよね。この場合は「放送禁止用語を言った」「口が悪かった」「汚い言葉を使った」くらいが温度感としてもちょうど良いのではと思います。「暴言を吐いた」というのも、何かものすごく怒ったのかという印象を与えて、度が過ぎるので誤解を与えると思います。

男性の性器などと聞くとジョンハンが何かものすごく下品なことを言ったのだと理解されそうですが、韓国では普通に使われる”swear words“のようです。swear wordsと言えば、語源を考えれば英語の「F**k」やドイツ語の「Scheiße」だってジョンハンが発した放送禁止用語と同じくらい下品だと思いますし、実際英語圏やドイツ語圏の人たちは「F**k」や「Scheiße」なんて日常的に言っています。テレビ出演者も、「ピー」音が入ったりもしますが、ついうっかり言ってしまう人をこれまで何度も見てきました。正直、欧米人は日本人より遥かに口が悪いと思います。

韓国社会は厳しすぎるかも?

今回のように、大したことない事件でも注目されている芸能人関連なら揚げ足をとるような、過剰に厳しい韓国芸能界を批判するような声も多くありました。

わざわざ記事にして大事にして再度謝罪させる。なんか韓国のこういうところが残念だし、韓国芸能人を追い詰める悪習だと思う。

メメブログ , 芸能, “ジョンハンVライブ中の悪口は何て言ったの?意味は?【動画あり】“, 2020年5月8日

これは芸能界だけでなく韓国社会全体的に言えることかもしれまえん。以前も記事に書かせて頂きましたが、韓国社会は日本の特徴を極端にしたようだと感じることが多々あります。良い面では相手への思いやり、親切心など。ネガティブな面では熾烈すぎる競争社会、長時間労働&激務や、今回の事件からもわかるような芸能界の厳しさなど。若い韓国アイドルの自殺など悲しいニュースも時折報道されますし、芸能界含め韓国社会全体が徐々にもう少しリラックスした方向に向かうと良いなと思います。

ジョンハン放送禁止用語発言から学ぶ我を忘れず行動・発言することの大切さ

ジョンハンご自身も発言直後に頭を下げて必死に謝っていましたので、あまり責め立てるのも気の毒ですが、とは言えやはりここはアイドルと一般人の違いですよね。一般人がプライベートな空間でゲームを友達と楽しみながらつい「くそっ!」と言っても何の問題もないはずですが、有名なアイドルが、大勢のファンが世界中でライブ視聴しているライブ動画で放送禁止用語をつい言ってしまうと、やはり多かれ少なかれ非難の声があがるのは避けられないのではと思います。

今回のジョンハン放送禁止用語事件を受けて、いついかなる時も自分の立場をわきまえて、我を忘れず冷静に行動する・発言することの大切さを今一度実感しました。

ジョンハンをこれからも応援する声

今回のジョンハン放送禁止用語発言に対する世間の反応を見ていても「誰もがつい言ってしまうような言葉なのでここまでニュースにして騒ぎ立てるほどのことではない」というジョンハンサポート派が一番多かったように感じます。コロナ禍の現在における貴重な楽しみとしてVライブの継続を求める声も多くあり、ジョンハンのファンの懐の深さや、やはりジョンハンの根強い人気ぶりが伺えました 🙂 ジョンハンがこれ以上叩かれたり大騒ぎにならないことを願うと同時に、ジョンハンには今回の件でめげずにこれからも韓国アイドルとしてご活躍頂ければと思います。

Comments

Copied title and URL