VEVAYはフランクフルトのおすすめヴィーガン&ベジタリアンカフェ!ビーガン/ベジタリアンじゃない人にも人気

カフェ&アイスクリーム

VEVAY (ヴィヴェイ) はWilly-Brandt-Platz (ヴィリー・ブラント・プラッツ) にある、ベジタリアンとビーガン向けのカフェです。

でもベジタリアンやビーガンではない方々も十分楽しめると思います。私もベジタリアン/ビーガンではありませんが、VEVAYはお気に入りです。

VEVAYのロケーション

VEVAYはトラムのWilly-Brandt-Platz駅から徒歩30秒くらいの本当にすぐのところにあります。

車の通りが激しい道沿いにあるので、外に座席はなく、ちょっとオフィス街とも言えるような雰囲気のエリアの場所なので、あまり「典型的なヨーロピアンカフェ」な雰囲気はありません。VEVAYは外から見るとこんな感じの見た目です:

VEVAYの雰囲気&インテリア

VEVAYのケーキや飲み物がヘルシーで美味しいのはもちろん (お食事メニューも人気みたいです 😉 ) インテリアもモダンで素敵です。2階建になっていて、日本で言う1階にレジやキッチンと若干の座席があり、2階には座席のみがある感じです。

1階のレジのところの壁がカラフルな柄のタイルになっていてセンスを感じます。

今回写真はあまり撮れませんでしたが、この部分だけでなくテーブル、椅子、植物などカフェ内のインテリア&雰囲気を全体的に見ても、VEVAYは洗練されたモダンな空間になっています。気になる方はぜひ一度足を運んでみてください♪

VEVAYの混み具合

VEVAY店内は、カフェにしては広い方かもしれません。お食事メニューも豊富ということで、カフェだけでなくむしろレストラン的な目的で訪れる方も多いのでしょう。

VEVAYは基本的にいつも混んでいます。とは言え座れなかったことは今までありません。いつも基本的に土曜日の15時頃に2人でVEVAYを訪れますが、どの季節に行ってもさかっている印象です。

VEVAYは日曜日が定休日なのが残念です!個人的には日曜日=カフェの日なので… ドイツでは日曜日は一部のカフェ/レストランやキオスクなどを除いて基本的に全てのお店が閉まってしまうため、カフェでのんびりするのにぴったりな日だと思っています 😉

VEVAYは場所も便利だし、雰囲気も良いし、特にベジタリアン&ビーガンに特化したカフェとしてもフランクフルトでは結構有名だと思いますので、納得ですね。グループで行く場合は、予約することをおすすめします。

VEVAYのサービス

自分で棚で見てから注文するタイプになります。でも棚がレジのすぐ隣にあるので、持ち帰りの場合はその場ですぐ決めて注文できます。店内で食べる場合は、ウェイトレスさんに聞いても良いと思いますが、自分で棚まで来て見た方が一番どんなケーキなのかわかりやすいと思います。

VEVAYで注文したメニュー (持ち帰り)

① Schoko Avocado – Rohkost- € 4,50

(チョコアボガドケーキ -レア-)

② Blaubeer Käse Streusel € 4

(ブルーベリーチーズのクランブルケーキ)

※公式サイトはこちら

レアケーキの方が焼いたケーキよりも50セント高いようです。ケーキ一切れで€ 4,50はちょっと高いような気がしますね。他のカフェと比較しても、フランクフルトのカフェのケーキの平均的な価格は3,50〜4 EURです。

VEVAYみはケーキはいつも最低4種類くらいはあります。どうやら日替わりのようです。毎回異なる種類のケーキが置いてあります。

今回すごく気になったのは、チョコとアボガドのレアケーキでした!チョコもビターチョコっぽく見えるし、アボガドのグリーンが目にも美しく、そして個人的にアボガドが大好きなのですごく美味しそうと思って即決しました。

でも味的には、アボガド部分にレモン汁がかなり多めに入っている印象でした。全体的に程よく甘いのですが、酸味がちょっと気になりました。普通に美味しかったですが、見た目から期待したよりは、意外とそうでもなかったかな、というのが正直な感想です。

ブルーベリーチーズのクランブルケーキは、予想通りの味といった感じ。普通に美味しいですが、特に他と比べて特別に美味しい、というわけでもありませんでした。

クランブルケーキは「シュトロイゼルクーヘン」と言ってドイツではとてもポピュラーなケーキです。家で手作りするご家庭も多いです。個人的にはシュトロイゼルクーヘンの大ファンではありませんが、このケーキは底と背の部分の生地がサクサクしていて、美味しかったです。

VEVAYでケーキをテイクアウトした感想

VEVAYは、いつもほぼ満員なくらいお客さんがいますが、それでもテーブルごとの距離は基本的に十分に取られているので、快適に過ごすことができます。店員さんは、場合によってはなかなか気づいてくれないかもしれません。特に2階席に座っていたらなかなか上がって来ない印象です。

今はお腹いっぱいだけど、後でおやつの時間にVEVAYのケーキが食べたいな」という場合は、今回みたいにお持ち帰りがおすすめです。

VEVAYはベジタリアン&ビーガンに特化していることもあってか、お客さんは若者中心な印象です。もし「フランクフルトで洗練されたモダンな雰囲気の、ベジタリアン&ビーガン向けのカフェない?」と聞かれたら、VEVAYと答えれば正解なのは確かです 😉

Comments

Copied title and URL