野ブタ。をプロデュース特別編で15年前の修二と彰にまた会える!原作では野ブタは男子だったらしい

ニュース

野ブタ。をプロデュース 特別編が放送

4月18日(土)夜10時から 日テレにて「野ブタ。をプロデュース 特別編」が放送されました。

CoolTVのおかげで、ドイツにいながらにしてリアルタイムで(ドイツ時間の15時から)野ブタ。をプロデュース 特別編を見ることができました♪

野ブタ。をプロデュースのドラマ版

野ブタ。をプロデュースは、元々2005年の10月から12月まで毎週土曜日の夜9時から放送され、平均視聴率は約17%と当時大人気ドラマでした。

筆者は当時高校生だったので、まさに自分たち世代のドラマということで、毎週欠かさず見ていましたし、週明けの月曜日には学校で友達と野ブタ。をプロデュースの話題で持ちきりだったのを今でも覚えています!

KAT-TUN亀梨和也さんと元NEWS山下智久さんが役になり切って修二と彰として歌う主題歌の「青春アミーゴ」は、友達とカラオケにいったら振り付けも交えて絶対みんなで歌う定番の曲でした。歌詞はもちろん覚えていました。

主演が亀梨和也さん、そして共演者が山下智久さん、 堀北真希さん、戸田恵梨香さんと、今思えばかなり豪華な俳優陣ですよね。堀北真希さんは、野ブタ。をプロデュースをきっかけに女優としてブレイクすることとなったため、出世作としても知られています。

堀北真希さん演じる小谷信子はとにかく暗くて地味でいじめられっ子の典型、といった感じだったので、いじめられる姿を見ているのが痛々しいだけで、自分が高校生だった当時は小谷信子を演じている時の堀北真希さんを「可愛い子」として捉えたことがありませんでした。

でも15年経った今再び見てみると、修二と彰に出会ってプロデュースされていく中で小谷信子の表情はどんどん明るくなり、堀北真希さんの魅力がよくわかるようになってきて、その辺り(良い意味での豹変っぷり)も含め、堀北真希さんは若い頃から表現力に長けた女優さんだったのだな、と実感させられました。

野ブタ。をプロデュースの原作は白岩玄作の小説

原作は白岩玄さん作の小説で、それがテレビドラマ化されたということだったんですね。講談社から漫画が出版されたこともあったようです。

一転驚いたのは、なんと原作では野ブタは男子という設定だったようです。この点は知りませんでした。ドラマでは野ブタは女子という設定に変更して大成功だったと思います。男子のままでも面白かったとは思いますが、ビジュアルも大事な要素の1つであるドラマとしては華に欠ける感じはしますよね。

野ブタ。をプロデュース特別編は未満警察の代わりとして急遽放送

4月11日の夜10時からは本来Sexy Zone中島健人さんとKing & Prince平野紫耀さんがダブル主演の新土曜ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」が放送される予定でした。

ところが新型コロナウイルスの影響で撮影スケジュールに支障が出たため放送開始が延期になったことを受け、代わりに野ブタ。をプロデュースが急遽特別編として11日から放送されることになりました。

今回は2話目で、今後も第3話第4話が4月25日と5月2日にそれぞれ夜10時から放送されることが決まっています。第1話目の視聴率は約11%だったということで、15年たった今でも野ブタ。をプロデュースが人気ドラマであることは間違いなさそうですね。

野ブタ。をプロデュース特別編はまだ続く

前述の通り「野ブタ。をプロデュース 特別編」は第2話で終わりではなく、第3話第4話が4月25日と5月2日にそれぞれ夜10時から放送されることが決まっているということなので、楽しみですよね。

新型コロナによる自粛ロックダウンっぽくなってしまう人も少なくないと聞いています。でも、いつどんな状況にあっても、楽しんだ者勝ちだと思います。娯楽の幅がいつもより少し狭まれている今でも、家にいながらにして楽しいことワクワクすることを日々見つける方法はいくらでもあるはずです。皆がこれまでとは違う今の状況をできるだけポジティブに捉えて、もちろん健康には気をつけながら、毎日小さな幸せを見つけて楽しく過ごせたら良いですよね。

Comments

Copied title and URL