Popoloはルアンパバーンのおすすめレストラン!東西折衷な本格イタリアンピザがおいしくてコロニアル調の建築も美しい

イタリア料理

Popoloは、ルアンパバーン (Luang Prabang) にある一番人気のピザレストランです。オーナーはフランス人だと思われますが、ラオスにあってかなり本格的イタリアンピザを提供しています。クオリティはヨーロッパで食べるピザそのままに、材料は現地のものを使用しているため、東西折衷な感じが非常にユニークです。

Popoloのピザの生地は程よく薄めでしっかりと焼けていて、フランクフルトのピザレストラン(MontanaSuper Bro’sなど)のようなもちもち系と言うよりは、サックリ&パリパリ系です。個人的にはほんのりと酵母の味がするもっちり系が好みですが、これはこれで美味しいです。

Popoloのロケーション

Popoloは102/3 Kounxoau Roadにあります。ルアンパバーンは、特に中心地は小規模で道もシンプルですから、地図があれば迷うことなくたどり着けると思います。

Popoloの雰囲気&インテリア

Popoloの外観はこんな感じで、ラオスっぽさとコロニアル文化による南欧的な雰囲気が融合した、陽気で可愛らしくとてもフォトジェニックな見た目です。とてもルアンパバーンらしいと思います。

Popoloの雰囲気はカジュアルで、モダンで若者ウケな印象です。明るめのブルーやカゴ素材、そして木目調などで統一されていて、南国の陽気な雰囲気をよく醸し出しています。お客さんはほぼ全員欧米人の観光客でした。若者のみならず、50歳前後と思われる結構年配の方もいらっしゃいました。

Popoloは窓やエントランスも全開だったので冷房はなかったと思いますが、確か扇風機があったし、夜ということもあり暑さが若干和らいでいたので、店内の気温は暑さに弱い私たちでも問題ありませんでした。

Popoloの混み具合

私たち(大人2人)は土曜日の19時半頃に予約なしでPopoloを訪れ、店内が80%程埋まっていた印象でした。いろんな種類のカクテルも提供していることもあり、皆さん結構ゆっくりしていかれる印象です。遥か遠くルアンパバーンに滞在中の観光客ばかりな訳ですから、納得ですよね 😀

Popoloのサービス

注文、サーブからお会計まで、混んでいる割にサクサクっと進んだので、快適でした。店員さんはラオス人と思われる方が大半で、プラスフランス人のオーナーさんと思われる方、といった印象でした。

Popoloで注文したメニュー

① Rosarito Beach 45,000 KIP

テキーラ、パッションフルーツ、マンゴージュース、ライムと赤唐辛子の塩

パッションフルーツとマンゴーが入っているということで、スムージーに近いような100%のフルーツジュース系カクテルをイメージしていたのですが、半透明のかなりサラサラなカクテルです。

当たり前ですが、テキーラ入りということで結構アルコール強めです。グラスのふちに付いているライムと唐辛子の塩がしっかりと辛しょっぱくて、なんとも刺激的です。

②ラオビール

③ Ariane 5 79,000 KIP

クレソン、タイバジル&ピーナッツペスト、 プロシュット(生ハム)、モッツァレラ

④ La Chaudasse … 79,000 KPI

スパイシーなサラミ、キノコ、トマト&玉ねぎのコンフィチュール、モッツァレラ

※ Popoloの公式ウェブサイトはこちら(フランス語)。Facebookの方は英語なのでより参考になるかもしれません:こちら

③のピザは、タイバジルがのっていることによりラオスらしい味わいを出すことにうまく成功しています。タイバジルさえなければ、ヨーロッパのピザそのままといった感じですが。これは良いアイデアだと思いました。

④のピザも、キノコ類をマッシュルームではなくあえて椎茸にすることで、他にはないユニーク味わいを出すことに成功しています。全体がどことなくアジアっぽい味になり、とは言え辛いサラミやトマトなどの通常のヨーロピアン具材ともよく調和していて驚きました。

個人的には、椎茸は洋風の料理には合わないのかと思っていましたが、全然そんなことないようです 🙂

Popoloでディナーした感想

ルアンパバーンでは、レストラン/カフェ/バーに関しては観光客と地元民が行くところが完全に別れている印象でした。もちろん、ナイトマーケットのフードエリアなど地元民が食べているところで観光客が一緒に食べることはできますが、衛生面がしっかりしてそうなレストランに行くとローカルの方は店員さんだけでお客さんは全員観光客でした。

それもあってか、観光客向けのレストランの物価は思った程安くありませんでした(とは言え、このちゃんとしたクオリティのピザが1つおよそ8ユーロというのはドイツよりはやはり安めですが)。

ルアンパバーンにはこういった洋食を提供している観光客向けのオシャレなレストランが沢山ありますが、ピザレストランだったら確かにPopoloが1位かなと思いました 😉

Comments

Copied title and URL