MAMECHAはベルリンのおすすめ和カフェ!ハードコアなお茶メニューが沢山の癒し系&隠れ家的な一軒家カフェ

カフェ&アイスクリーム

Green Tea Café MAMECHA(まめ茶)はベルリンにある癒し系和カフェです。

ベルリンに素敵なカフェは星の数ほどありますが、MAMECHAはその中でも「和カフェ」ということで他とは一線を画しています。

MAMECHAのロケーション

MAMECHAはU-bahnのRosa-Luxemburg-PlatzまたはWeinmeisterstraßeから徒歩5分程の距離にあります。大通りにあるわけではないので、初回は地図を見ながら行くことをおすすめします。

MAMECHAがあるエリアは洗練されたセレクトショップの宝庫といった感じで、個人的には大好きなお店が沢山集中しているエリアです。お気に入りのお店を巡ってショッピングに疲れたら、MAMECHAでちょっと休憩。理想的な休日の過ごし方ですね 😉

MAMECHAの雰囲気&インテリア

MAMECHAの内装は、いわゆる和モダンです。和紙でできたライト、障子を彷彿とさせるタペストリーや畳を使用したお座敷スタイルの席など純和風なインテリアを点在させつつも、全体的に白 x 木目調を基調としていて、飾り過ぎずにシンプルにまとめることで、MAMECHAは洗練された和モダンな雰囲気を見事に実現しています。

お客さんは、日本人を初め東アジア人以外にも色んな国の方がいて、国際的です。

カップルや女子同士が多い印象でしたが、お子様連れの方もいらっしゃいました。

MAMECHAの混み具合

MAMECHA店内はそんなに広くないですが、カフェなので予約は受け付けていないと思います。

私たち(大人2人)は金曜日の16時半頃にMAMECHAを訪れ、店内は8割程埋まっていました。カフェなので割とゆっくりされていく方が多かった印象でした。二人組でまったりとお喋りしているお客さんが多かった印象です。

MAMECHAのサービス

MAMECHAはまずカウンターで注文&お会計を済ませてから席に着くタイプのカフェです。ドリンクやスイーツは準備が出来次第店員さんが席まで持ってきて下さいます。

店員さんは基本的に皆さん日本人だったと思います。

MAMECHAで注文したメニュー

① ほうじ茶ラテ 3,20 EUR

②まめ茶 3 EUR

③抹茶のパウンドケーキ

④抹茶クッキー

どれも絶品でした!というか、日本にいたら当たり前のクオリティです。が、海外でこんなにも気軽に「ほうじ茶ラテ」や「まめ茶」といったハードコアなメニューを楽しむことができるのは、貴重だなと思いました。抹茶は近年欧米でもかなりポピュラーなので、抹茶ラテの用意があるカフェは結構ありますが、ほうじ茶など抹茶以外のお茶の種類まではまだまだ浸透していません。

クッキーとパウンドケーキは手作り感あふれる優しいお味で美味でした。

クッキーとパウンドケーキのお値段を失念してしまいましたが、この4つで合計10ユーロだったので、MAMECHAはかなり良心的な値段設定であることは確かです。

もしくは、単純にベルリンの物価*なのかもしれません。

*ベルリンの物価はフランクフルトやハンブルクと比べて若干低めだなと感じることが度々ありました。カフェやレストランのメニューの価格設定は、基本的にどこも数ユーロ程安い印象です。家賃を含めベルリンの物価はここ数年、ミュンヘン、フランクフルトやハンブルク並に上がってきたとよく耳にしますが、それでもまだ完全に同じレベルではないなと感じました。ベルリンが首都であるにも関わらず物価が安いのは、街の半分が旧東ドイツであるという歴史的背景に起因します。旧東ドイツ側に位置する物件は状態が悪いものが多く、家賃を低く設定する必要がありました。そのため西ドイツ側に位置する物件も合わせて家賃を低く設定する必要があり、結果的に西ドイツの大都市と比較すると街全体として家賃そして物価が安い、という特徴がありました。

※MAMECHAのメニューはこちらからご確認頂けます。

MAMECHAでお茶した感想

MAMECHAは可愛らしい癒し系な和カフェで、大変気に入りました。「きなこラテ」「抹茶チーズケーキ」「抹茶ティラミス」「サツマイモタルト」等々、まだまだ試してみたいツボなメニューが沢山あります。

オンラインショップで色んな種類のお茶を購入することもできるようですよ 🙂

もしベルリンに住んでいたらMAMECHAに頻繁に通うこと間違いなしです‥!ドイツに本格的な日本食レストランは沢山ありますが、和カフェは滅多に見かけませんので、MAMECHAのようなカフェは大変貴重だと思います。

Comments

Copied title and URL