海外の反応 令和という新元号は奈良時代の万葉集に起源がある!明仁天皇のご退位後, 5/1より使用開始

ニュース

新元号が発表されてから数日が経過しましたね。「令和 (れいわ、Reiwa)」。予想が的中された方は果たしてどのくらいいらっしゃったのでしょうか?

ドイツのニュースではアナウンサーがつい「ライワ」と発音していたのが印象的でした 😉 (ドイツ語では”ei”を”ai”と発音するため。)

令和に込められた意味

「令」という文字は元号に使用されるのは初のようですが「和」はこれまで既に何度も元号で使用されてきたようです。例えば身近な例だと「昭和」でも使われていましたよね。こう考えると、平成をおいてまた「和」か、という気もしないでもありません。

でも「和」は歴史的に「日本」を意味する漢字でもあります。読みの通り「なごやか」な、穏やかで平和な雰囲気、そして「調和」の和でもあり、人々が協力し合って良いものを作り出すという印象も受けます。良い意味が沢山あって、名前にもよく使用される人気の漢字ですね。

安倍首相は令和に込められた意味について下記のように語っていらっしゃいます:

 これは、万葉集にある「初春しょしゅんの令月れいげつにして 気き淑よく風かぜ和やわらぎ 梅うめは鏡前きょうぜんの粉こを披ひらき 蘭らんは珮はい後ごの香こうを薫かおらす」との文言から引用したものであります。

 この「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められております。

首相官邸, 新元号の選定について, 平成31年4月1日

海外の反応 – 令和という新元号は奈良時代の万葉集に起源がある

今回、令和という名前が万葉集起源を持つということが話題になっていますよね。万葉集といえば、学生時代に日本史で習う必須単語の内の1つではないでしょうか。

ということで、万葉集について簡単におさらいしてみましょう。

万葉集は7〜8世紀の奈良時代に作られた、現存する最古の日本の和歌集です。天皇や貴族などの位の高かった人だけでなく、一般庶民含め当時のあらゆる身分の人々が詠んだ和歌が内蔵されていることが大きな特徴のうちの1つです。

万葉集が、こうして身分に捉われず万人に関係した「みんなのもの」だったことから、令和にも分け隔てなく人々が心を寄せ合い、崇高な文化を作り上げる、といった意味合いが込められていることも理解できますね。

30か国語で報道しているドイツの国際的なメディア「Deutsche Welle (ドイチェ ヴェレ)」でも記事が公開されていました。記事の一部を下記に訳して引用として使用させて頂きます。

平成の元号は、明仁天皇がご退位される4月30日で終わる。日本政府は後継者の年号は「令和」になると発表した。

Deutsche Welle, NEWS, “Japan to welcome ‘Reiwa’ era after Emperor Akihito steps down“, Date 01.04.2019

ドイツではこうしてテレビでも、ウェブ記事でもしっかりと詳細に日本の天皇交代と元号の変更、そして「令和」への決定を伝えています。

令和などの元号に外国は興味なし?

しかしながら、正直外国にとっては日本の元号については関係ない、興味ない、という意見も多いようです。

元号が変わると、日本政府は外交関係にある各国にファックスで (今でも本当に「ファックスで」なのかが気になりますが。ファックスとか久しく耳にしない言葉ですし、もう10年くらい目にしたことがない気がします 😀 ) 新元号を知らせるそうですが、外国では西暦を使用しますし、確かに関係ないですよね。

日本人が歴史ある、日本独特の文化だからということで勝手に元号制を愛し大切にしているだけであって、外から見るとよっぽどの日本ファンでない限り「へ〜」で終わるものなのだと思います。

イギリスの例で見る内輪だけで盛り上がる国の伝統

この気持ちはよくわかります。私も以前、イギリス王室の結婚式を生中継で見ていた際に、その気合いの入りっぷり、そして周辺エリアに集まった国民たちの興奮っぷりに若干懐疑的になったのを覚えています。

もちろん否定はしませんし、美しい文化だとは思いますが、今のこの現代にちょっと保守的過ぎない?と思いました。

他の人々となんら変わらない普通の人間なはずなのに、一部の人間を「皇室」だからと言ってここまで「超特別扱い」するのに違和感を覚えました。日本にも皇室はいますが、イギリスよりは質素にしている印象です。

なんで「皇室制」をイギリスでは廃止しないんだろう、とその時思いましたが、これぞまさに「外から見る興ざめな姿勢」なのでしょうね。

もちろんイギリス国民にもアンチ皇室はいらっしゃると思いますが、半数以上は多かれ少なかれイギリス王室の文化を尊重していらっしゃると思います。だからこそここまで大切にされ、今も受け継がれているのでしょう。

日本の元号も似たようなものなのだろうな、と思いました。

外から見ると、おそらく「なんでわざわざ日本でしか使わない、ユニバーサルでない元号を保ち続け、今も更新して話題になったりするのだろう」「なんで廃止しないのだろう」と言った気持ちになると思います。

日本の元号に関しては私は特に強く反対でも賛成でもない中立的な考えを持っているので(合理的な判断なのであれば、いつ廃止しても個人的には問題ないと思っています)正直内輪で盛り上がる気持ち(=新元号になったことに非常に感銘を受けるような態度)もイマイチわかりかねますが…。

Comments

Copied title and URL