【おすすめ本格日本食レストラン&パティスリー】Iimori フランクフルト 食べ放題ビュッフェ [ドイツでグルメ]

カフェ&アイスクリーム

Iimori (イイモリ) はフランクフルトの大人気日本食レストラン&パティスリー

Iimori (イイモリ) は、フランクフルトに住んでいる日本人や、日本に興味がある外国人はほぼ皆知っていると言っても過言ではない、日本食レストラン&パティスリーです。

「Iimori」というのはオーナーの方のお名前(苗字)です。Iimori Atsukoさんという日本人の女性の方がオーナーさんです。いつか日本のテレビでフランクフルトが紹介された時に、案内人として出演されていたことがあったと思います。

1階*はパティスリー&カフェなので、手作りケーキなどのスイーツやドリンクをテイクアウトまたはIimori店内で楽しむことができます。

*日本で言う1階。ドイツでは日本の1階は”Erdgeschoss (EG)”と呼ばれる、直訳すると「地上階」で、日本の2階はドイツでは1階になります。そのため2階以上からも日本の感覚とは−1階でずれていきます。これは日本とドイツのハード面での大きな違いのうちの1つですね。慣れないうちは混乱することもあるかもしれません。

2階に行くと、日本食レストランになっています。私はレストランの方ではランチタイムの食べ放題ビュッフェのみ行ったことがありますが、ブランチディナーもやっているみたいです。今回はパティスリーではなく、レストランの方にフォーカスして記事を書かせて頂きます。

ロケーション

フランクフルトの観光名所レーマー広場からすぐの所にあります。トラムのDom/Römer駅から徒歩30秒くらいでしょうか。

Jamy’s Burgerと同じエリアにあります – つまり、地元の人も観光客も、とにかく沢山の人がいる常に混んでいるエリアになります!

女子ウケ間違いなし!ヨーロッパの古城っぽい雰囲気&インテリア

インテリアなどの雰囲気はあまり日本ぽくなくて、フェミニンヨーロピアン系です。パティスリーのコンセプトのイメージが日本食レストランの内装でも強めな印象です。女子(特にアジア女子?)が喜びそうな、ヨーロッパの古城っぽい雰囲気の店内です。

とにかく大人気でいつも満席、予約は必須

Iimori店内は、ビュッフェがあるメインのエリア以外にも2つ目の部屋があるため、合計して結構な数のテーブルはあります。ところが、とにかくIimoriは大人気でいつも満席な印象なので、予約必須だと思います!

私はこれまで土曜日の12時〜または13時〜くらいの時間帯に2人で食べ放題のランチビュッフェで訪れたことが数回ありますが、一度は予約なしで行って偶然空いている席が結構あり、座ることができましたが、あれはかなり稀なケースだったと今では思います。

それ以降は毎回念のため予約して(でも意外と当日予約でOKです。午前10時頃に「今日13時から予約したいです」と電話して、基本的に毎回取れます。2人だからでしょうね。)から訪れますが、毎回ほぼ、または本当に満席なので「予約して良かった〜!」と感じます。ビュッフェの場合はオンライン予約ができないようで、毎回電話して予約しています。

ウェイトレスさんたちは東アジア系、メイドカフェっぽい衣装

ウェイトレスさんは全員東アジア系の女性だったように感じました。ちょっとメイドカフェを彷彿とさせるような、クラシカルなモノトーンのメイドさんの衣装を着ていらっしゃいます。

皆さん接客も丁寧な印象で、済んだお皿なども積極的にテーブルから片付けて下さいます。

IIMORI-Samstagsbuffet(土曜日ブュッフェ、食べ放題)を注文

IIMORI-Samstagsbuffet 24,80 €

(土曜日のブランチブュッフェ、食べ放題)

②飲み物:ウーロン茶 3,80€と炭酸水 3,20 €

※詳細はこちらから確認できます

日本人の方が経営されているだけあって、どれも海外在住日本人にとっては「わぁ〜!」と懐かしくなるような、本物の日本食だらけです。個人的に嬉しいのは、家庭料理的な品が数種類あるところです – 例えばきんぴらごぼうひじきの煮付け、かぼちゃサラダ揚げ豆腐、アスパラガスとえのきの炒め物、等々…。

海外の日本食レストランは、本物の日本食を提供しているところは沢山あります。

でもいわゆる家庭で作るような、上記のようなどっちかと言うと素朴なお料理を出しているところはあまりないので、地味に嬉しいんです。 どこの日本食レストランも「寿司」「お好み焼き」「ラーメン」「うどん」等々、主役級の定番日本食にフォーカスしがちですよね。例えばかぼちゃサラダなど懐かしすぎて、最初に行った時かなり印象に残りました。

ビュッフェにある中で私のお気に入りは、まずお寿司です。25ユーロ弱の食べ放題というのは、海外にある本物の日本食レストランの中では個人的にはかなりお手頃価格な方だと思います。

にも関わらず、ちゃんとした、結構種類も多めの新鮮な美味しいお寿司があるというのは、かなりポイント高いと思います。

ドイツのお寿司屋さんでは定番のサーモンまぐろえびやアボガド等々以外にもホタテイカ炙りサーモンうなぎなどもあります 🙂 ベジタリアン用のお寿司も種類豊富に用意があります(アボガド以外にもアスパラガスなど)。

次にIimori特製のスイーツです 😉 ミニサイズのスイーツが数種類あるのですが、特に抹茶のタルトが最高です。

底がクッキー生地でさっくりしていて、その上に濃いめの抹茶のスポンジ(?)、あんこ、抹茶のムース(クリーム?)と重なっています。とっても美味しくて何個でも食べられちゃいます。

今回は、抹茶スイーツの部類では他にも抹茶のティラミス的なものがありました。前に行った時は抹茶のマカロンもありました 🙂 もちろん抹茶以外のスイーツも、チーズケーキやチョコレートケーキなどの用意があります。でも私は抹茶スイーツおしです!

ちなみにアイスもあって「抹茶」はもちろん「わさび」などの一風変わったフレーバーもあります。日替わりかもしれませんが、最後に締めとして試す価値はあると思います。

他にビュッフェメニューの中で面白いと思うのは、うどんですかね。麺を茹でる、おつゆを入れる&トッピングするという工程を全てセルフでできちゃいます。

うどんの味は正直日本人としては想像つくので(笑)試したことはありませんが(私は結構すぐにお腹いっぱいになってしまうので、食べ放題では本当に食べたいものだけ優先して沢山食べる戦略です 😉 )外国人の方にとっては興味深いと思います。

他にもエビフライコロッケたこ焼きお好み焼き等々人気の日本食メニューが盛りだくさんです。もう1つ面白いのは、ここはドイツなだけにちゃんとドイツのパンやカプレーゼなどの「典型的なドイツ人向けの品々」も救済策として(笑)いくつかあるところです。

おそらく、あまり日本食に馴染みのない欧米の方が仲間と訪れて、日本食を試してみてまぁ美味しいとは思ったけれどやはり慣れたものも食べたい!と感じた時のためでしょうか(パティスリーもやっている、というのももちろん理由にあるとは思いますが)。

そんな時はドイツパンやカプレーゼなどの欧州メニューがちゃんとセーフティネット的に用意されています(笑)

Iimoriはフランクフルト一の日本食ビュッフェ

以前は、お寿司が恋しくなったら回転寿司の食べ放題のお店に行っていました。ですが、値段的にはこちらのIimoriのランチビュッフェとほぼ同じでお寿司は結構種類があって普通に美味しいものの、Iimoriほど種類豊富で本格的な日本食のおかずやスイーツはもちろんありません。

そのため、Iimoriのランチビュッフェを試して以来回転寿司の食べ放題には行かなくなりました 😉 回転寿司よりIimoriの方が遥かにコスパが優れていると個人的には思います。

Comments

Copied title and URL