【海外の反応】女子ハンドボール世界選手権大会、12月に熊本県で開催 – くまモン大活躍? [ドイツの反応]

スポーツ

今回は女子ハンドボールの話題です。

2019 女子ハンドボール世界選手権大会 in 熊本

皆さんは、2019年女子ハンドボール世界選手権大会 (24th IHF Women’s Handball World Championship) が日本の熊本県で開催されることはご存知ですか?秋に行われるラグビーのワールドカップと言い、今年はスポーツの世界大会が複数日本で開催されるようですね 🙂

来年の東京オリンピックに向けて準備体操といったところでしょうか 😉

今年の11月30日から12月15日までの約2週間、メイン会場となるパークドーム熊本とサブメイン会場となるアクアドームくまもとを含む、熊本県内にある複数の会場で開催されます。

日本は開催国ということで既に出場が決定しています。前回の優勝国フランスも、既に出場が決定済みです。

ドイツは、水曜日にクロアチア戦で勝利し世界選手権出場が決まったことが報道されていました。

が、公式ウェブサイトの「出場チーム」によると前回世界選手権実績枠/前回優勝国大陸国という枠でもドイツは出場が決定しているようです。前回の優勝国がフランスだったことからヨーロッパの国々がそこの欄には記載されています。そんな枠があるんですね。

ドイツの国民的ニュース番組「tagesschau (ターゲスシャオ) 」でも、記事が公開されていました。記事の一部を下記に訳して引用として使用させて頂きます。

ドイツ女子ハンドボールブンデスリーガの選抜チームは水曜日(2019年6月5日)プレイオフの第2戦目でクロアチア相手に25:21 (14:9)で勝利した。第1戦目を24:24で終たが、これで11月30日から12月15日まで日本で開催される世界選手権出場が決まった。

TAGESSCHAU, Auch der Traum von Olympia 2020 bleibt erhalten, “DHB-Frauen qualifizieren sich für die WM“, Stand: 05.06.2019 20:50 Uhr

ハンドボールに馴染みがないと、世界選手権と言われてもあまりピンとこないかもしれませんが、世界一を決める大会なのでサッカーで言うワールドカップのようなものですね。

ハンドボールでは世界選手権が2年に1度開催されます。女子世界選手権は前回の2017年はドイツで開催されました。

熊本県

熊本では、1997年に男子の世界選手権が開催されたことがあるそうで、国内外からの観客や報道陣を含め多くの人が訪れ、大きな経済波及効果をもたらしたとか。

22年前でもそんなに盛り上がったのであれば、海外旅行や出張がより当たり前になってきている今、今回は更に多くの人々が国内外から集まるのではないでしょうか。

ゆるキャラ「くまモン」

また、熊本と言えばゆるキャラの「くまモン」が人気ですよね。2011年にはゆるキャラグランプリの王者に輝いています。熊本県庁が2010年より展開している、熊本県の公式PRキャラクターです。

名前の由来は、熊本弁では「者」のことを「モン」と呼ぶことから、「くまもと」とかけてくまモンになったとか。

熊本弁ではつまり馬鹿者のことを「バカモン」とか若者のことを「わかもん (?)」と言ったりするのでしょうか。バカモンは首都圏でも世代によっては言ったりしますが、わかもんは聞いたことないですね(笑)

日本には各地に公式のゆるキャラがいますが、確かに全国的に知名度の高いゆるキャラはあまりいないですよね。個人的には千葉県のチーバくん、船橋市のふなっしー、そして熊本県のくまモンが有名だし人気な印象です。

阿蘇山

くまモンの他には、熊本県は阿蘇山が有名です。世界的に見てもかなり大型なカルデラを持つ活火山で、熊本のシンボル的な存在です。近隣の阿蘇くじゅう国立公園には温泉が点在し、火口や渓谷、高原など大自然を身近に感じることができる人気スポットです。

ハンドボール世界選手権ついでに、阿蘇山と国立公園を訪れる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

Comments

Copied title and URL