伊藤美誠・卓球世界ランク2位の特訓を川口春奈が取材!スマッシュ系フォアハンドが得意ショット

スポーツ

伊藤美誠がGoing! Sports&Newsにて特集

4月11日(土) 23時55分から24時55分まで日テレにて週末スポーツ&ニュース番組 「 Going! Sports&News 」が放送されました。

Going!新キャスター川口春奈さんの初取材後編、ということで、伊藤美誠いとうみま選手が熱心に練習に励む様子が特集されていました。東京五輪金メダルを目指し、日々特訓に励んでいるようです。伊藤美誠選手の秘策を分析するために、スーパースローカメラ3台で徹底分析されていました。

View this post on Instagram

ご覧頂いた皆さまありがとうございます!そして改めてGoing!10周年という素敵な節目に携わることが出来て光栄です。私自身スポーツ経験はほとんどなく、運動も苦手な方ですが、スポーツ全般、観ることは大好きで全国どこでも、海外にまで飛んでいきます!スポーツ経験がないからこそ、すべてのアスリートの皆さんをリスペクトしていますし、いつも感動とパワーをありがとうございますと感謝の気持ちでいっぱいです。スポーツの素晴らしさやアスリートの日常や、それを支えるご家族などなど。これから自分らしく楽しくお伝えしていけたらと思います☺︎アスリートの皆さんどうかお話を聞かせてください!笑 10周年に突入したGoing!もどうかよろしくお願いします! それでは、おやすみなさい。

A post shared by 川口春奈 (@haruna_kawaguchi_official) on

川口春奈さんは前回の取材では実際に伊藤美誠選手のサーブを受けるなど、プロ卓球選手相手に現場にて勇敢に取材されている姿が印象的でした。

卓球って、バドミントンやテニスに比べて動き回るエリアが少なくて済む分、素人でも上手な人はかなりラリーも続くし早い球も打つことができて結構サマになりますが、一方で苦手な人は一球返すだけでも精一杯みたいな、良くも悪くも各個人の運動神経が一眼でわかってしまうスポーツですよね。

CoolTVの見逃し視聴のおかげで、ドイツにいながらにして自分の都合の良い日時にGoing! Sports&Newsを見ることができました♪

ちなみに今回のGoing! Sports&News ではプロバスケ選手八村塁選手も「最近特に勢いを感じる選手1位」として報道されていました。

伊藤美誠のプロフィール

伊藤美誠選手は静岡県磐田市出身の19歳。4月16日に最新のITTF世界ランキングが発表された際も話題になったように、現在*世界ランク2位という成績を誇るプロ卓球選手です。

15歳で出場した2016年のリオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得し、オリンピック卓球競技史上最年少のメダリストとなりました。

インスタではオシャレでカワイイ伊藤美誠選手のリラックスした姿も拝見できます 🙂

*2020年4月17日

伊藤美誠は強烈なフォアハンドが武器

伊藤美誠選手は特にその強烈なフォアハンドを磨いているようで、今回取材にて間近で見ていた川口美奈さんにとってはど迫力だったと思います。卓球の速い球って音もすごいし球が小さいこともありよく見えないしで、近くで見ているとちょっと怖いくらいだと思います。

通常、卓球やテニスではラリーの際に安定した球を打つには下から上へラケットを振り上げることでスピンをかけたショットであるトップスピンが有効ですが(弧を描いたような軌道になるためネットやアウトになりにくい)、伊藤美誠選手の場合は球に回転をかけずにフラット(直線状の軌道)で打ち込むスマッシュ系のフォアハンドを得意としているそうです。回転をかけないことで球は速くなり勢いが増しますが、その分コントロールしづらくネットになりやすかったりなど、リスクが高く難易度が高いショットではあります。

これは、テニスでも同じことが言えるのでテニス経験者の筆者的には理解しやすいです。

伊藤美誠選手の場合は、なぜチャンスボールだけでなく普通のラリー中にもこんなにもフラットのスマッシュショットを叩いていけるのかというと自分自身の体勢を低くすることで目線をボールの高さに近づける、むしろ自分がボールを見上げるくらいの体勢まで低く持っていっているからなんだそうです。

伊藤美誠特集の感想&まとめ

今回のGoing! Sports&Newsでは伊藤美誠選手のプレイスタイル分析をじっくりと見ることができて、テニス経験者の筆者としてはとても興味深かったです。

伊藤美誠選手はまだ19歳とお若いですし、東京五輪での金メダル候補であるのはもちろん、数々の大会での活躍が期待されますね。現在は世界ランク2位ということで、伊藤美誠選手が世界ランク1位になる日もそう遠くないかもしれません。これからも注目していきたいと思います。

Comments

Copied title and URL