【ドイツ的思考法】常に疑問視し、議論する姿勢 – 考える力を育む教育 [海外生活からの学び]

ライフ

ドイツで長く生活する中でドイツ人から学んだことは沢山ありますが、その中の1つで特に「日本人とは違うけれど、これは確かにとても重要だ」と思っていることを紹介します。

常に疑問視する姿勢

それは何事においても常に疑問視する姿勢。ドイツ人は、もちろん個人差はありますが、簡単にはイエスと言いませんし賛成しません。それどころか、どちらかと言うと反対意見を持ち出して議論に持ち込む方が多いです。

これは、日常のあらゆる面にあてはまります。大学の講義の場であれ、オフィスにてビジネスの場であれ、家庭であれ、友達とカフェやバーでお喋りしている時であれ…。

これは、もしかすると本当に反対意見を持っているから、イエスと言わずに疑問視してくるのではなくて、あえて簡単には認めずに相手にいくつか質問をまず投げかけて相手の考えを深堀りすることで、その人の意見の長所や短所がより顕著に見えてくるから… なのではないかと私は思っています。

(もちろん素で反対意見を持っている場合も多々あるとは思いますが)

これはすごく賢いというか、これを習慣にしてしまうと仕事や勉強だけでなくどのような場面においても一歩下がって冷静に「まずは疑問視する」ことで、これまですんなりと賛成していた時には全く見えてこなかった、相手が差し出したもの(意見、提案、アイデア、契約書…等何であれ)のより深い意味がわかってくる(長所や短所が浮き彫りになって、それについてより深く理解できる)と思います。

日独の教育方法の大きな違い

これはおそらくドイツの教育による恩恵でしょうか。小学生の頃から学校で疑問視すること議論することを教育の一環として大切にしているのだと思います。日本のように先生が一方的に話して生徒は静か、という教室の雰囲気では全くないと思います。

日本人は「波風立てない」ことを良いことだと捉える傾向にあると思います。場を丸く収める、というか。何事も平和であるに越したことないと皆さん思っている感じがします(確かに平和は大事です、もちろん!)。

けれどそれもあってか、以前も記事に書きましたが、皆本音は心の奥底に閉まっておいてすぐにイエスと言ったり周囲に意見を合わせたりする傾向にあると感じています。

この点ドイツ人は真逆と言ってもいいくらいで、疑問を呈することで相手の考えをより深く分析し理解しようとすること、そして自分の思う正しいことをしっかりと主張して、相手にできる限り理解してもらおうとする、明確に伝えることに重きを置いていると思います。

どこまでも活発に議論

複数の人間が集まった場では活発に議論するのはドイツではとてもポジティブで、評価に値することと考えられています。そのため波風が立つのは当たり前だし、場の空気なんて当然読む必要がないですし、丸く収めるなんてもっての他です(笑)

荒れていいんです。もちろん、喧嘩というような意味の「荒れる」ではないですよ。感情的には決してならずに、大人の態度で冷静に、でも遠慮することなく自分の意見を伝え、相手の意見が全く異なっていてもしっかり聞く耳を持ち、その上で疑問点を突きつけ…というプロセスです。

これが大学の講義やオフィスでの会議であれば、達したい「結論」やその講義/会議の「ゴール」が明確に予め提示されているでしょうから、意見が様々な方向にわかれて活発な議論となっても最終的に収束しますし、1つに落ち着きます(本当に皆が納得しているかどうかはさておき…全員の意見を採用することはできないですからね)。

私はこれまで非常にインターナショナルな環境(1つの講義や会議に最低でも3カ国くらいの違った国籍のメンバーが出席している、または多い時だと約20カ国の異なる国籍のメンバーが出席している)で講義や会議に参加してきました。

そのため、これはドイツ人のみならず、他の国籍の方々(日本人以外)にも共通することかな、という印象も抱いています。

 あわせて読みたい: 

Comments

Copied title and URL