海外の反応 エレン・ホワイトがGK山下杏也加を制し なでしこはイングランド戦敗退!開催都市ニースはどんな街?

スポーツ

今回も女子サッカーワールドカップの話題です。ドイツの反応を見てみましょう。

なでしこジャパンイングランド戦敗退

19日、なでしこジャパンニースにてイングランドと対戦しました。なでしこジャパンは世界ランク現在7位、イングランドは3位ということで、強敵相手の一戦です。

前回の試合ではスコットランド相手に見事勝利を収めたなでしこジャパンでしたが、結果から申し上げると今回は0-2でイングランドに負けてしまい、一次リーグ2位通過となりました。

日本対イングランド戦についてはドイツの国民的ニュース番組「tagesschau (ターゲスシャオ) 」でも、記事が公開されていました。記事の一部を下記に訳して引用として使用させて頂きます。

イングランドには、一次リーググループDでの最後の試合となる対日本戦で4年前の準決勝敗退を忘れたい気持ちがあった。

TAGESSCHAU, Nachrichten, “England vs. Japan – ein Duell mit Geschichte“, Stand: 19.06.2019 08:58 Uhr

イングランドと日本は4年前のワールドカップでも、準決勝で対戦しています。当時はなでしこジャパンが2-1で勝利し、決勝進出を決めました。

これがイングランドにとっては苦い思い出となっていて、今回の試合でリベンジしたい気持ちもあったわけですね。

エレン・ホワイト選手

今回見事1人で1試合中に2得点を決めたエレン・ホワイト (Ellen White) 選手は、ロンドンから北西約70km地点にあるアイルズベリー (Aylesbury) 出身の30歳。

ポジションはフォワードで、現在*はマンチェスター・シティ (Manchester City) に所属されています。イングランドの女子サッカー界では有名な選手ですね。

山下杏也加選手

ゴールキーパー山下杏也加選手は、東京都足立区出身の24歳。東京都稲城市を本拠地とする日テレ・ベレーザに所属されています。ちなみにベレーザとはポルトガル語で「美人さん」という意味。

山下選手も、爽やかな美人さんです(イケメンにも見えますね)。

最初の失点をホワイト選手から許した後、ピンチな場面もありましたが山下選手が好守で切り抜けてみせ、後半へと折り返しました。

71分、フォワード菅澤選手が投入された場面でなでしこジャパンに絶好のチャンスが訪れますが惜しくも得点には至らず、山下選手は84分にホワイト選手による2得点目を許してしまいます。

グループD首位突破をかけた試合でしたが、0-2という結果により日本は2位で通過することとなりました。首位で通過するか、2位で通過するかは、その後のドロー表に影響を与えてくるのでもちろん大事な点です。

ただ、通過することの方がまずは大事なのは明白ですよね。

上を目指し続ける限り「こうできたらもっと良かった」という後悔や批判が出てくるのは当たり前ですが、まずは今回通過できたのだから、イングランド戦での敗退を悔やむより、そこからの学びを生かして次の試合をいかにベストな状態で臨めるかに今は全力を尽くしたら良いと思います。 

今回は悔しい結果となりましたが、次の試合では彼女たちらしい試合ができるよう応援しています!次戦は対オランダ戦で25日に行われます。

開催都市ニース

ニースはフランス南東部に位置し、地中海、コート・ダジュールに面するリゾート地です。観光だけでなく保養地としても有名なため、フランスに特に縁がない方でも耳にしたことのある都市名ではないでしょうか。

フランス人の特に若者からすると「定年退職後にのんびりするための街」といったかなり上の年齢層向けといった感じで、あまりクールなイメージはないようです。

でも国際的な大学もありますし、若者ももちろん沢山住んでいらっしゃいますが…。イタリアとの国境にほど近く、イタリアの文化圏に属した期間が長かったという歴史的背景から、カルチャー的にはイタリア色が強いようです。

以前もドイツとスイスやデンマークの国境エリアについて触れたことがありますが、ニースもヨーロッパではよく見られる国境地域の典型的な特徴を持っていますね 😉

また、ニースと言えば2016年の7月に花火を見物していた人々の集まりにトラックが突っ込む悲惨なテロ事件が発生し、少なくとも80名以上が命を落とされた、悲しい事件が今でも記憶に新しいですね。

犠牲になられた方々にご冥福をお祈りすると共に、そのご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

ここ数年テロ事件が多発している欧州では、この事件以降、人が多く集まる場所には巨大なコンクリートブロックが入口と出口エリアに複数個、必ず設置されるようになりました。トラックによる突っ込みを不可能にする目的です。

ドイツでも、クリスマスマーケットや何らかのフェスティバル、イベント等で街中に人が沢山集まる場所には、いつも大きなコンクリートブロックが目立ちます。

本当に物騒な世の中です。

*2019年6月20日現在

Comments

Copied title and URL