【謙虚さor自信 現地より 海外の反応】日本人と外国人 成功に基づいた根拠のある自信は尊い – ナルシストとは違う

ライフ

前編はこちら↓

今回も、海外生活から学んだことについての続きです。

もう一つ、日本人的な感覚(謙虚さを美徳とする)と外国人的な感覚(自信に満ち溢れていることを重視する)の違いが顕著に出るケースで、よく出くわすわかりやすい例があります − 語学力について語る時。

具体例:自身の語学力について語る時

この場合は「根拠の有無」には関係なく個人の感覚の問題というかお国柄だと思います。

ドイツに住んでいる場合、非ドイツ人(外国人)同士の会話では「ドイツ語話せる?どのくらい?」という会話は日常茶飯事です。

その時日本人だと「ちょっとだけ。あまり上手くないんですけどね」とへり下った回答をする方が結構いて、でも実際その人が話しているのを聞いたら「え、全然流暢じゃないですか。」みたいな状況が多々あります。

逆に、日本人以外の方だと「ドイツ語話せますよ、もちろん!」といった感じで自信満々に回答する方がよくいます。そしてその方が実際話しているのを聞いて「あれ、実はかなり初歩レベルなんですね… さっきよくあんな自信持って答えたな。。」と思うこととか、かなりあります(笑)

根拠のある自信は評価されるべきもの

このようなびっくりな例はさておき。私個人としては、根拠のある自信は素晴らしいものだと思っています。なぜなら文字通り、その自信には確固たる根拠があるからです。

自分が努力して成し遂げた、自身が誇れる経験に基づいた自信、またはその経験についてのいわゆる自慢話は、私は積極的に歓迎します。

それは私に言わせれば「自慢」というより「事実」です。それが信じ難いほどにすごい話なのであれば、その人はそれだけすごいことを成し遂げた、という事実にすぎないと思います(もちろん、本当の話として信じるためには、その人の人間性を予めわかっている必要はあります)。

日本だと、自分の成し遂げてきた功績 − いわゆる「すごい話」について語りがちな人がいると「あの人は自分の自慢話ばっかり」「自信満々な人」といった風にネガティブに捉えられたりしますが、私がネガテイブな印象を受けるのはそれが「根拠のない自信」な場合のみです。

何も成し遂げていないのに謎に自信があるのは、理解し難いです。誇れる経験が何もなくて、自分に自信がなくて、他人を褒めてばかりで一見「良い人」「謙虚な人」なタイプより「根拠のある自信に基づいて自信満々」「語れるエピソードが沢山ある」という方が遥かにポジティブな印象を受けます。

日本と海外で異なる人の性質

日本と、ドイツを含む外国は人々の性質などにおいてもこのように異なる点が多くあります。一方を評価しもう一方を非難するつもりは全くありませんが、私はこの点においては外国の感覚が自分的にはしっくりきます。

そのため、日本で「ナルシスト」と言われがちな人がいらっしゃったとしても、それが自分の努力と功績に基づいた根拠のある自信なのであれば「気にすることなかれ」と声を大にして言いたいです。

Comments

Copied title and URL