政治

ニュース

【株価大暴落 現地より海外の反応】わかりやすく説明 ブラックマンデー再来 / 新型コロナと石油価格 / OPECとは

今回は、新型コロナウイルスの影響で株価が大暴落し投資家たちがパニックに陥っているという、株式市場の大混乱に関する海外(ドイツ)の反応です。「ブラックマンデー」、株価大暴落と新型コロナそして石油価格の関係やOPECについてわかりやすく説明しています。最後にコロナビールについても触れています。
ニュース

海外の反応 アメリカへの渡航禁止による旅行キャンセルの件から考える1つの欧州というアイデアやコロナ蔓延と国民性の関係

今回は、米トランプ大統領が3月13日からイギリス等を除く欧州26カ国からの外国人旅行客の入国禁止措置を30日間実行すると発表したニュースに関する海外(ドイツ)の反応です。 ドイツ在住の私もアメリカ旅行を今月末に計画(全て予約&支払い済み)していましたが行けないこととなってしまい、非常に残念に感じています。
ニュース

【ドイツの反応】FPDトーマス・ケンメリヒ氏がチューリンゲン州首相選当選も即辞任!極右AfDの票を得たため

今回は、ドイツ政治に関する話題です。 ドイツ東部のチューリンゲン (Thüringen) 州の州首相に極右政党「ドイツのための選択肢」(Alternative für Deutschland; AfD) の票を得た自民党 (Frei...
ニュース

海外の反応 ダボス会議にグレタ・トゥンベリも出席!オーストラリア森林火災や世界経済フォーラム懐疑論についてまとめ

開催中のダボス会議について欧州現地にて海外(ドイツ)の反応をドイツ在住9年の筆者がわかりやすく記事にまとめました。環境活動家グレタ・トゥンベリさんと米トランプ大統領が去年の国連気候行動サミット以降初めて顔を合わせる点にメディアは着目しています。オーストラリア森林火災や世界経済フォーラム懐疑論についても触れています。
ニュース

海外の反応 ハリー王子&メーガン妃 (サセックス公爵) 公務引退宣言 #Megxit【ドイツから見た英王室】

「Megxit(メグジット)」の海外(ドイツ)の反応をドイツ在住9年の筆者がわかりやすくまとめます。 Megxit(メグジット)とはハリー王子&メーガン妃夫妻の公務引退宣言を受け困惑したイギリスの保守系メディアが作った造語で、メーガン妃の王室離脱を意味します。記事では北米に住むのが世界一快適なのか等にも触れています。
ニュース

小泉進次郎の海外の反応 – 環境大臣の2週間育児休暇取得から考える日本の過労文化、ドイツの休暇事情や夫婦別姓

フリーアナウンサーの滝川クリステル氏と結婚された環境大臣の小泉進次郎氏が、休暇の取得において欧米に遅れをとる過労文化の日本社会に先進的な例を示すため、2週間の育児休暇を取得すると表明したことに関する海外(ドイツ)の反応です。ドイツ在住9年の筆者が現地にてわかりやすく記事にまとめました。夫婦別姓についても書いています。
ニュース

海外の反応 ガーセム・ソレイマニ司令官殺害により米イラン関係が更に悪化!なぜイランは核合意逸脱など強気な態度を貫ける?

米トランプ大統領指示の下イランのガーセム・ソレイマニ司令官が殺害されたことにより、アメリカとイランの関係がいつになく悪化しています。海外(ドイツ)の反応をドイツ在住9年の筆者が現地にてわかりやすく記事にまとめました。イランが核合意から逸脱しウラン濃縮を進める意向である点についても触れています。
ニュース

ブレクジットに関する海外の反応 – 1月末にイギリスはEU離脱?ボリス・ジョンソンがEUとの自由貿易協定締結を急ぐ

ブレクジットに関する最新の話題について海外(ドイツ)の反応を欧州在住9年の筆者が現地からわかりやすく記事にまとめました。イギリス総選挙で保守党圧勝しEU離脱において追い風状態にあるボリス・ジョンソン首相や、筆者がブレクジットに反対する理由をキャンペーンのいい加減さや各国との経済連携協定の観点から書いています。
ニュース

【海外の反応 ドイツより】Fridays for Future 未来のための金曜日 気候変動デモ, 世界の若者が学校スト

今や世界的なイベントとなっているFridays for Future(未来のための金曜日)に関する海外(ドイツ)の反応をドイツ在住9年の筆者が現地にてわかりやすく記事にまとめました。気候変動デモのために世界の若者が学校ストを行うという点が特に世界的に注目を集めています。抗議者たちの要求についてもまとめました。
ニュース

香港デモ海外の反応 – 林鄭月娥の逃亡犯条例改正案撤回発表から思い出す中国ではないと主張する香港人クラスメイト

香港デモに関してドイツから海外の反応をドイツ在住9年の筆者がわかりやすく記事にまとめます。世界中のメディアでここ数ヶ月間頻繁に耳にする「逃亡犯条例」改正案に反対する香港での抗議活動。遂に林鄭月娥行政長官が「逃亡犯条例」改正案の撤回を発表しました。「中国人との違い」を強調する香港人の国民性についても触れています。
Copied title and URL