海外の反応

ライフ

【COVID-19 ドイツの反応】こんな時こそユーモア!ジョーク&笑いで自粛/ロックダウン対策, テレワーク具体例

COVID-19対策が打ち出され日常生活が激変したドイツ。現地にて海外(ドイツ)の反応&現状をドイツ在住9年の筆者がわかりやすく記事にまとめました。 今回は「しんどい時こそユーモアが大事」ということでジョーク&笑いの機会を自ら創出することで退屈な自粛を乗り切る方法を、テレワーク時の具体例を交えながらお届けします。
ライフ

シングルx一人暮らしには辛い【新型コロナ対策 ドイツの反応】3人以上の集会禁止でほぼロックダウン!乗り切り方

新型コロナ対策が打ち出され日常生活が激変した欧州。3人以上の集会が禁止となった、ほぼロックダウン(都市封鎖)状態の海外(ドイツ)の反応&現状をドイツ在住9年の筆者が現地からお届けします。シングルx一人暮らしの方々には特に辛いこの時期、鬱対策についても触れています。
ニュース

【株価大暴落 現地より海外の反応】わかりやすく説明 ブラックマンデー再来 / 新型コロナと石油価格 / OPECとは

今回は、新型コロナウイルスの影響で株価が大暴落し投資家たちがパニックに陥っているという、株式市場の大混乱に関する海外(ドイツ)の反応です。「ブラックマンデー」、株価大暴落と新型コロナそして石油価格の関係やOPECについてわかりやすく説明しています。最後にコロナビールについても触れています。
ニュース

海外の反応 アメリカへの渡航禁止による旅行キャンセルの件から考える1つの欧州というアイデアやコロナ蔓延と国民性の関係

今回は、米トランプ大統領が3月13日からイギリス等を除く欧州26カ国からの外国人旅行客の入国禁止措置を30日間実行すると発表したニュースに関する海外(ドイツ)の反応です。 ドイツ在住の私もアメリカ旅行を今月末に計画(全て予約&支払い済み)していましたが行けないこととなってしまい、非常に残念に感じています。
ニュース

【続報 COVID-19 ドイツより 海外の反応】ビジネス&消費者へも影響 / 東京五輪危機 / 東アジア人差別の実態

先月中国湖北省の武漢市より発生し、今も尚勢い衰えることなく世界を大いに騒がせている新型コロナウイルスCOVID-19に関する続報です。海外(ドイツ)の反応&現状をドイツ在住9年の筆者がわかりやすく記事にまとめました。東京五輪の中止/延期の危機や日本人を含む東アジア人に対する差別のドイツでの実態にも触れています。
ニュース

【ドイツの反応】FPDトーマス・ケンメリヒ氏がチューリンゲン州首相選当選も即辞任!極右AfDの票を得たため

今回は、ドイツ政治に関する話題です。 ドイツ東部のチューリンゲン (Thüringen) 州の州首相に極右政党「ドイツのための選択肢」(Alternative für Deutschland; AfD) の票を得た自民党 (Frei...
ニュース

【新型コロナウイルス ドイツより 海外の反応】WHOも警戒 / “加油” と励まし合う武漢市民, 中国人の国民性

中国 武漢市(Wuhan)の華南海鮮市場から発生し、現在世界中を騒がせている新型コロナウイルスに関する海外(ドイツ)の反応をドイツ在住9年の筆者がわかりやすく記事にまとめました。WHO(世界保健機関)も警戒感を強めています。 加油と励まし合う中国の武漢市民たちや中国人の国民性について書いています。
ニュース

海外の反応 ダボス会議にグレタ・トゥンベリも出席!オーストラリア森林火災や世界経済フォーラム懐疑論についてまとめ

開催中のダボス会議について欧州現地にて海外(ドイツ)の反応をドイツ在住9年の筆者がわかりやすく記事にまとめました。環境活動家グレタ・トゥンベリさんと米トランプ大統領が去年の国連気候行動サミット以降初めて顔を合わせる点にメディアは着目しています。オーストラリア森林火災や世界経済フォーラム懐疑論についても触れています。
ニュース

海外の反応 ハリー王子&メーガン妃 (サセックス公爵) 公務引退宣言 #Megxit【ドイツから見た英王室】

「Megxit(メグジット)」の海外(ドイツ)の反応をドイツ在住9年の筆者がわかりやすくまとめます。 Megxit(メグジット)とはハリー王子&メーガン妃夫妻の公務引退宣言を受け困惑したイギリスの保守系メディアが作った造語で、メーガン妃の王室離脱を意味します。記事では北米に住むのが世界一快適なのか等にも触れています。
ニュース

小泉進次郎の海外の反応 – 環境大臣の2週間育児休暇取得から考える日本の過労文化、ドイツの休暇事情や夫婦別姓

フリーアナウンサーの滝川クリステル氏と結婚された環境大臣の小泉進次郎氏が、休暇の取得において欧米に遅れをとる過労文化の日本社会に先進的な例を示すため、2週間の育児休暇を取得すると表明したことに関する海外(ドイツ)の反応です。ドイツ在住9年の筆者が現地にてわかりやすく記事にまとめました。夫婦別姓についても書いています。
Copied title and URL