【おすすめ本格メキシカン】Bulli Burrito フランクフルト カジュアル&カラフルで可愛い店内 [ドイツグルメ]

グルメ

※2019年の間にBahnhofsviertelにも店舗がオープンしたようです。以下の記事はLeipziger Straße店について書いています。

Bulli Burritoはメキシコ(テクスメクス)料理のお店です。

ブリトー、タコス、ナチョス等々定番メニューが複数あります。フランクフルトにメキシカンのレストランはいくつかありますが、ここはかなりカジュアルな方です。でもインテリアのカラフルさ&可愛さだったらかなり上位にランクイン(1位かも?)すると思います 😉

ロケーション

場所は、U-bahnのBockenheimer WarteとLeipziger Straßeのちょうど間くらいにあります。どちらから歩いても5分弱です。

トラムのAdalbert-/Schloßstraßeからも近いです。Leipziger Straßeというお店が沢山ある人通りの多い通りにあるため、わかりやすいと思いますが、似たようなお店が多いためしっかりとBurritoのお店であることを確かめてから入った方が良いと思います。

私たちもなんだか全然違うお料理のお店に間違えて入りそうになりました(笑)ちなみに前回ご紹介したベトナムレストラン Viet Phoのお隣です 😀

雰囲気&インテリア

店内のインテリアは水色とピンクを基調としていてとってもカラフルで可愛らしく、ポイント高いです!

お店の雰囲気的には、友達同士やカップルで来ている人が多い印象で、皆比較的若めな印象(20代〜40代くらい)です。

混み具合

店内はそんなに広くないですが、割とすいています。

今回初めて土曜の19時半頃に予約なしで大人2人で訪れましたが、問題なく座れました。おそらく持ち帰りで頼む方も結構多いのだと思われます。

お店に入ったら全てのテーブルが埋まっていて「あ、満席かも」と思ったのですが、実は奥にもテーブルが結構あり、しかもそのエリアはまだ誰もお客さんがおらず椅子がテーブルに上がったままで、私たちが来たので店員さんたちが椅子を下ろして準備してくれました(笑)

お客さんは割と皆さんささっと食べて立ち去るパターンだと思いました。椅子が簡素なので、長居する気にならないというのも理由にあると思います。

サービス

かなりカジュアルですが、店員さんが注文やサーブ、お会計をしてくれます。

注文&お会計は、早くしてほしかったら自分でカウンターまでいくと「今行きます!」といってすぐに来てくれますのでオススメです。サーブはかなり早めでした。

どうやらデリバリーも行っているようですし、移動販売も行っているようです。店名の通りですね(笑)(Bulliとは Volkswagenのレトロなワゴン車のことです。)Leipzigerstraßeは遠い、という方でも試せるチャンスが広がりますね!

注文したメニュー

① Burrito Barbacoa 8.90 EUR

(ブリトー Barbacoa*)

*Barbacoa=スペイン語で「バーベキュー」の意味

würziges Rindfleisch, mehrere Stunden langsam geschmort bis es herrlich zart ist, dazu mittelscharfe Salsa Verda oder scharfe Salsa Roja

(とろけるほど柔らかくなるまで数時間ゆっくりと煮込んだスパイシーな牛肉、中辛のサルサVerdaまたは辛いサルサRojaと共に)

+ Extra Guacamole 1,60 EUR

(追加のワカモレ)

② Burrito Cochinita 7.90 EUR

(ブリトー Cochinita)

Saftiges Schweinefleisch, schonend mit Kräutern und Gewürzen gegart

(ハーブとスパイスと共に弱火でゆっくりと煮込んだジューシーなポーク)

※公式ウェブサイトはこちら

ご覧の通り、超カジュアルな感じでプラスチックのトレーにのって出てきます。でもフォークがちゃんとあるので、かぶりつきたくない人もエレガントに食べることができるので問題ないと思います 😉

ここは店員さん達もメキシコの方だと思われましたし、ソースがとにかく沢山テーブルに用意されていて関心しました。

市販のものと思われるビン入りのものが4つ(チリソース3つとサルサが1つ)あり、それらについてどう違うのか店員さんに質問したところ「辛さは同じくらいだけれど味がそれぞれ違う」とのことで、私たちが興味を抱いている様子を察したのかキッチンから激辛チリソースと、手作りのソース2つ(背景に写っている小皿に入ったもの)を持ってきてくださいました 🙂

私は辛いものはあまり得意ではないので激辛ソースは試しませんでしたが、手作りのソースは赤い方がトマトとチリ系の辛めなお味で、緑系の方はパクチー等のハーブ類とヨーグルトをベースににんにくをたっぷり入れたようなお味で、全然辛くなく美味でした。

ビン入りのチリソースも、緑系のはライム系のさっぱりとしたお味で、黒系のは石炭のようなちょっと燻したような味と、店員さんのおっしゃる通り同じチリソースでもかなり味にバリエーションがあって美味しかったです。

このお値段で、こんなにインビス並にカジュアルなのに、こんなに本格的にしっかりとブリトーを様々なソースと共に楽しめることに感銘を受けました。

追加で付けたワカモレは、ブリトーの中に入ってくるものだと思い、ブリトーを食べ進めましたが、いつまでたってもそれらしき味がしないのでこれは入ってないなと思い、店員さんに確認したところやはり「忘れていました」ということで別の小皿でワカモレを持ってきてくれました。

ワカモレは正直平均的でした。アボガドがしっかりとクリーム状になっていました。個人的にはちょっとアボガドの食感がまだ残るようなワカモレが好みです。

感想

今回初めて訪れましたが、大変気に入りました。

とにかくびっくりするほど価格が良心的なのに、本格的でとっても美味しく、量も満足です。店員さんも親切ですし、沢山の本場のソースが用意されています。

かなりカジュアルなので予約を受け付けているかは定かでないのと、グループで訪れると席がない可能性もありますし長居するには向きませんが、簡単にサクッと本格的なメキシカン/テクスメクスが食べたいな、というときにはパーフェクトだと思います 🙂

Comments

Copied title and URL