【おすすめカフェ】Bitter & Zart フランクフルト ショコラトリー&サロン 絶品フランス風フルーツタルト

カフェ&アイスクリーム

Bitter & Zartはフランクフルトにあるショコラトリー&サロンです。フランクフルトにチョコレート屋さんやパティスリーは沢山ありますが、ここはその中でも特に大人気店です。

ロケーション

U-bahnのDom/RömerまたはトラムのRömer/Paulskircheが最寄りで、徒歩ほんの数分の距離にあります。大人気日本食レストラン&パティスリーのIimoriの隣(もしくは隣の隣)にあります。トラムの通り沿いにあるので、かなり見つけやすいと思います。

雰囲気&インテリア

カフェ(公式ウェブサイトでは「サロン」と呼ばれています)の内装は、どこか格式高いようなクラシカルヨーロピアンといった雰囲気です。店内に人がいすぎて写真を撮ることができませんでしたが、こちらの絵葉書(レジのところにある「ご自由にお取り下さい」の絵葉書です)がお店のテーマをまさに体現してます:

店内の壁にはまさにこういうスタイルのアートが所々に施されていて、ちょっと非日常的な優雅で美しい空間です。

入り口のところにはダークカラーの重厚なカーテンがかかっていて、それもまたちょっと高級なパティスリーのスタイルです(ウィーンの老舗「Demel」をちょっと彷彿とさせるような感じです)。

ちなみにサロンの出口を出て反対側にはショップもあり、プレミアムなチョコなど、目にも鮮やかなスイーツを販売していますよ。

お客さんは、土地柄観光客も多いと思いますが、フランクフルトでも有名なお店なので地元の方もかなり多いと思います。

家族連れ、カップルや女子同士など、老若男女皆いる印象でした。

混み具合

レーマー広場や新しくなった旧市街地など、フランクフルト屈指の観光名所からすぐの距離にあることもあってか、常に行列ができるほど混んでいます。

店内はそんなに広くないですが、カフェなので予約は受け付けていないようです。もし店内でゆっくりしたい場合は、待ち時間は避けられないと思います (>_<)

夏場は外の席にも座れるので、もう少し余裕があるはずです。

私たち(大人2人)はこれまで土曜日の14時半頃に何度か訪れましたが、いつも持ち帰りにしています。毎回行列ができていて5組程待っている時もあるので、長ければ30分程待つのでは、と思われます。個人的には「そんなに待つならお隣のIimoriに行けば良いのに!」と思ってしまいます(笑)

カフェなので割とゆっくりされていく方が多いと思います。とにかく店内は人が多くて、皆話に花を咲かせている感じで、ものすごくざわざわしています。

サービス

テイクアウトでケーキを買うだけであれば、行列は無視してそのまま店内に入り、奥のケーキカウンター&レジのエリアに向かってOKです。そこで沢山の美しいケーキたちの中からどれが良いか決め、パッキングしてもらってお支払いするだけです。

店員さんたちは皆めちゃめちゃ忙しそうですが、テイクアウトならそんなに待たされることもなくチャチャっと進みます。

店員さんは、老舗っぽいお店にも関わらず意外と若い方が多かった印象です。

注文したメニュー

前述の通り、持ち帰りにしました。

① フルーツタルト 5,20 EUR

② マンゴーとココナッツのケーキ 4,80 EUR

③ ラズベリーとチョコのケーキ(ビーガン) 4,80 EUR

どれもとっても美味しいですが、フルーツタルトが特に最高でした!

日本のケーキ屋さんに売っているフルーツタルトそのものといった感じです。タルト生地はバターの効いたサックサクなクッキー生地。そこにコクのあるカスタードクリームがたっぷりとのっていて、その上に新鮮なフルーツが惜しみなくトッピングされています。日本のものよりもポイント高いのは、ドイツサイズであること。日本のフルーツタルトに比べるとかなり大振りです 😉 そのため、5,20ユーロと平均的なケーキに比べるとかなり高めですが、その価値があると思います。

このようなフランス風のフルーツタルトはドイツでは滅多に見かけないし、特にここまでクセがなくて日本人の口に合う美味しいタルト生地 x カスタードクリームの組み合わせもあまりお目にかかれないので、発見できてとても嬉しかったですしここのお店はかなり貴重だなと思いました。

ドイツで様々なケーキを食べていると、日本のケーキは基本的にいかにフランス寄りかが実感できます。日本は、スイーツに関してはフランスの影響がかなり強いようですね。私はドイツのケーキも好きですが、やはり日本で生まれ育ったせいかこのようなフルーツタルトやミルフィーユなど、フランス風のケーキの方が正直ツボです。

※メニューはこちらからご確認頂けます。それぞれのケーキが手描きで描かれていてとってもキュートです。

感想

ケーキが入ったショーケースの写真からもわかる通り、こちらのお店には毎日10種類近くのケーキの用意があります。そのうちいくつかはパッと見かなりドイツの伝統的なケーキにも見えますが、実際はヴィーガンだったりするなど(上記のラズベリー&チョコケーキのように)ちゃんとモダンな作りになっています。

そのため「こんなケーキ甘すぎて食べられない」「クリームがこってりしすぎててくどい」といった心配は無用です。これまで既に数種類試しましたが、どれを食べても本当に美味しいので、自信をもっておすすめできます。

今回「抹茶チーズケーキ」という種類が最後の2個だけあり、絶対これにしよう!と思っていたのですが、先に持ち帰りで並んでいた方と店内で注文した方用に2個とも売れてしまい、ギリギリのところで買うことができませんでした 🙁 次回はもう少し早めの時間帯に訪れて抹茶チーズケーキを試してみたいと思います!

Comments

Copied title and URL