ライフ 海外生活

【外国語学習】シャドーイング, 口が回らない?コツを伝授!スピーキング能力はこうやって鍛える [ドイツ生活]

「シャドーイング」って聞いたことありますでしょうか?

その名の通り、まるで「影」のようにどこまでも後に追いていく要領で、聞いたことをすぐにそのまま声に出して繰り返すスピーキングの練習法です。

用意するものは、学習したい言語の書かれたもの(ニュース記事、物語、日記や論文の一部など、ある程度まとまった分量のあるものが適切だと思います。専門領域についてではなく、日常生活で使われるような語彙やフレーズを使用しているものがおすすめです) とそれをそのままネイティブスピーカーが通常の速度で音読した音声、これだけです。

まずは、音声を一度流して聞いてみましょう。はじめからやる気満々、ウォーミングアップはいりません、という場合ははじめからシャドーイングしてみて下さい。例えば「When he was a kid….」と文章が始まっている場合、音声が「When」と言ったらそれを聞いた瞬間に「When」と自分も繰り返して下さい。文章は見たらダメですよ。字は見ないで、音声のみ聞き取って繰り返します(最初は本当に難しいと感じると思います!)。小声でOKですが、繰り返すのに必死であやふやな発音で「声にだけだしている」状態はNGです。コツは、人に聞かれて恥ずかしくないような、誰かが聞いてたとしても理解してもらえるようなクリアな正しい発音で、きちんと全て発音しながら繰り返すことです。

「When」と自分が言っている間にも音声は先々朗読し続け、それをひたすら終わりまで追いかけ続けなければならないわけですから、シャドーイング中はものすごく集中力を必要とします。「聞く」と「声に出して繰り返す」を同時進行で行うわけですから。必死すぎて、本棚などから他の文字が視界に入ってくると集中力が削がれる気がして、私は壁や家具の、何も貼っていない空白部分を見ながらやっていました。

そんなに長いと集中力続きませんし、疲れてしまいますから、例えば2分間シャドーイングして終わるような分量がちょうど良いと思います。初めは1分でも良いかもしれません。慣れてきたと思ったら、文と音声の量を増やしてみても良いと思います。

最初は、うまくシャドーイングできないと思います。原因は大抵 ①音声の言ってる意味がわからない部分がある ー 速度か発音の問題で聞き取れないか、またはその言葉/フレーズの意味を知らない ②音声の速度(テンポ)やリズムについていけない ー その話し方に自分の口が慣れていなくて口(舌)がうまく回らない、のどちらかだと思います。なんとかついていけるようになっても、クリアに発音しながら完全についていけるようになるには、数回繰り返す必要があると思います。

最初に一度音声を流して聞いたら、その後一度シャドーイングしてみてください。どうしても意味がわからない部分があったら、書かれた文章を見て、それでも意味を知らなければ調べて意味を記入しておくのがオススメです。書かれた記事を見て意味が全てすんなりわかる状態になったら、もう一度シャドーイングしてみて下さい。意味がわかった状態だと遥かにシャドーイングしやすいと思います。自分で意味が分かって話している(実際にはシャドーイングですが)状態は、普通に喋っている時の状態に近いからです。無理に繰り返しているというよりは、繰り返しているものの自然に話している状態に近くなっていると思います。

私は日本で英語を学んでいた時に、TOEFLで一定のスコアがどうしても必要な時期があり、スピーキング対策でシャドーイングを家で一人で行っていました。もちろん、大学で留学生と過ごす時間を増やして1日のうちに英語を話す時間を増やしもしましたが、1人でシャドーイングをしている時間は本当に「良い勉強」になりました。留学生と話す時間はどちらかと言うと「自然に英語を身につけている」時間で、一人でシャドーイングをしている時間は「自分に英語を覚えさせている」いわゆる勉強、って感じの時間でした。でもこの対極な感じの学習法のミックスが、個人的にはスピーキングを上達させる上で効果的に感じました。

ドイツ語の場合は、私はドイツに住んでいるので「ドイツ人と会話しながら」自然に身につけた割合の方が多く感じますが、それでもふと気が向いた時に一人でシャドーイングもやっていました。シャドーイングを30分〜1時間くらいすると、実際のスピーキング能力の向上に加えて「インテンシブに勉強した」という気分になり(実際にしましたし)、自信がつきます。しかもその記事に出てきた語彙やフレーズは、意味も調べてネイティブの音声に合わせて複数回シャドーイングしたおかげで、正しい発音、意味から使い方まで、ものすごく良く身についていると思います。

何事も、「好き」「楽しい」という気持ちがないと長続きしないと思いますが、この記事を読んで下さっている読者の皆さんはおそらく語学学習にとても関心があるかと思われますので、ぜひ、シャドーイングを一度試してみることをオススメしたいです。

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back To Top