ライフ 小さな幸せ 海外生活

【日本人と外国人】謙虚さ vs. 自信?海外では自信満々=絶対的にポジティブ!謙虚な態度は逆に損?

今回は海外生活からの学びについてです。私がドイツで生活していて日々感じる日本との大きな違いの1つに「謙虚さ vs 自信」という、人の性格/態度に対する評価の部分があります。

日本では「謙虚であること」は美徳とされますよね。日本にいると「OOちゃん/くんはすごいね。私なんて…(自分に関するネガティブな話)」という会話をよく耳にします。(日本に住んでる仲間と話す時もよくこういったくだりを耳にします。)

「自分をけなす」(というと言葉が荒いかもしれませんね…自分を卑下する、と言った方が適切でしょうか)ことで相手に安心感を与えること、要は「ああ、自分だけじゃない、皆そうなんだ」とか「皆悩みを抱えているんだ、私なんてまだマシな方だ」といったように感じさせてあげられること(=何かネガティブなことがあってアンハッピーな相手に対して、さらにネガティブな例を与えることで、励ますこと)が、ここでのポイント(日本人的な優しさ、親切心、思いやり)なのだと思います。

逆に「自信に満ち溢れている」ことは、ポジティブに捉えられる局面もあるかもしれないけれど、日本では「ナルシスト」や「自意識過剰」と捉えられてしまうことも少なくないと思います。

ドイツでは「自信に満ち溢れている」ことは絶対的にポジティブです。(…というかドイツのみならず、広義な言葉ですが「海外」といった方が適切かもしれません。私はドイツに住み始めてから世界中のあらゆる国出身の方と話す機会が多いので「日本人以外割と皆こうだな」という印象を得ています)

もちろん、ここでは実績や努力に基づいた自信=根拠のある自信であることは大前提です(根拠なしにただ「謎の」自信があるのは、誰にとっても理解し難いですよね)。

根拠のある自信がネガティブに捉えられることは、ドイツではほぼほぼないといって過言ではありません。日本と同じ東アジアの国々、中国や韓国の人々だってそうです。皆すごく自信を持つこと、胸を張って何かを言えることを大切にしています。「謙虚さ」は本当に日本人特有のものなのかもな、と思う時も多いです。

具体的な例をあげてみましょう。

例えば、仕事中に自分が100%は理解していない案件があるとします。それについて、複数人が出席している会議で上司や同僚に何か質問を受けたとしましょう。

日本人的な考え方だと「盛って話すべきではない」「正直でありたい」といった気持ちが働き、回答しながらも「恐縮ですが私はこの案件について100%は理解しておりません」的な注釈をどこかで入れ、なんとなく謙虚な態度で振舞うと思います。

「海外」の方々は、こういった局面で「こうです」とはっきり言い切って回答し、理解していない部分があることには微塵も触れず自信を全面に押し出す方が多いです。「私がこの案件のエキスパートです。なんでも聞いてください。私に頼ってください」的な態度です。正直「プロフェッショナル感を優先するが故に、自分の実際の理解度や実力よりも盛って話してしまう」くらいです。

これは、日本人が美徳とする「謙虚」な態度とは真逆といっても良いくらいですよね。でも、海外で生活していると「実際よりもより優れて聞こえるような、いわゆる盛った話し方」をする方に少なからず出会うと思います。ビジネス面であれ、プライベートな局面であれ。そして、誤解しないで頂きたいのですが、人々がこういった態度をとる時、「自慢したい」「ひけらかしたい」といった悪気は基本的になく、単に自信があることは良いことだという考えに基づいていることが多いです。

後編に続く↓

【オススメ記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back To Top